親子

保証は事前に確認する

小学生

小学生が6年間使い続けるランドセルは、丈夫に長く使えるよう作られています。素材には牛革が使われているランドセルもあり、値段が少し高めに設定されています。しかし小学生が使い続けるので、走ったり転んだりした衝撃で壊れてしまう可能性がないとは限らないでしょう。しかし万が一壊れた場合は、保証を使って修理してもらうことが出来ます。中には保証を有効的に使わずにそのまま壊れたまま放置したり、簡易的に修理しているケースが見られます。多くのランドセルには保証が付いているので、6年間しっかり丈夫なままで使えるような保証内容となっています。しかしメーカーによっては保証が付いていない場合もあるので、ランドセルを購入する際は保証が付いているかしっかり確認することが大切です。

ランドセルの素材として使われている牛革は、品質が良いので6年間使い続けるランドセルには最適な素材なのです。ですがランドセルは小学生が日常的に使うもので、大人のように注意しながら使うとは限らないでしょう。ランドセルを背負ったまま走ったり、そのまま遊んだりすることもあります。登下校の際に背負ったり教科書を入れるだけでは壊れないランドセルですが、投げたり踏んだりしてしまうと形が変形したりパーツが取れてしまいます。これは壊れてしまう大きな原因なので、その場合は購入した先のメーカーに修理を依頼することが出来ます。ランドセルを購入した際には、修理保証と呼ばれる6年間の保証が付いています。これはランドセルが壊れた際に元の形に修理してくれるサービスであり、修理で預かっている間は代わりのランドセルを用意してくれます。なのでいつも通り学校へ通うことができ、その間にランドセルの修理を行なっていきます。なので壊れた場合は放置せず、メーカーに問い合わせ修理を依頼しましょう。